SSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール) 2019年文部科学省より指定
富西が目指すSSHは・・“人 育成”。国際感覚を持った地域を支える人財を育てます!! つながる ”「地域」,「世界」,そして「未来」
バナーをクリックしてください。「SS」「SA」のページに移動します。

 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)

SSH 国際交流展示

SSH国際交流展示
                                令和2月26日(金)
 
 徳島県立総合教育センター2階「国際交流展示コーナー」で、本校のSSH国際交流についてポスター展示が始まりました。台湾國立新化高級中學とのオンライン交流やペンパル活動などの様子を、御来場の皆様に広く知ってもらえたらと思います。展示期間は令和3年4月までです。

SSH公開授業・SS課題研究中間発表会・SA選抜発表会

SSH公開授業・SS課題研究中間発表会・SA選抜発表会
                           令和3年12月12日(金)

 今年度の実践研究の成果発表として、理数科SSでは課題研究中間発表会(視聴覚教室)、普通科SAでは選抜発表会(体育館)、アクティブラーニングの視点による普通科の授業公開(各教室)を行いました。以下、授業風景です。

SS課題研究中間発表会
SA選抜発表会
公開授業
1年数学 1年英語
1年生物基礎 1年現代文
1年保健  
 
2年音楽 2年SSH情報
2年化学 2年地理
2年文系古典 2年理系地理

 SS課題研究中間発表会で指摘していただいた点を、学年末の県発表会や四国発表会に向けて改良していきます。又、SA選抜発表会は、1年次生がこれから取りかかる研究の良い刺激になりました。

 富岡西高等学校では、授業改善においても継続的に研究を進めていきたいと考えています。

 

SSH SA・SSワークショップ 2030 SDGs

SA・SSワークショップ
ワークショップ名:「2030 SDGs 」              12月10日(木)11HR-13HR
                                12月16日(水)14HR-16HR

講師:「2030 SDGs」「SDGs de 地方創生」公認ファシリテーター
           渡邉 芳彦 氏
 
   SAベーシック(1年次)・SS(1年次)の一環として「2030 SDGs」カードゲームを行いました。2030年に向けた17のゴールについて理解を深め,ゲーム後にはSDGsの17の目標達成と具体的な自分たちの行動とを結びつけて考えてみることができました。今回学んだSDGsの観点も取り入れつつ,3学期の構想発表会へ向けて今後の研究に取り組んでいきます。
11HR 12HR
13HR 14HR
15HR 16HR
 
生徒の感想
・最後の「世界の状況メーター」が私たちが創る2030年の世界だと聞いて,目標達成にも自然のバランスを考えないといけないと気づきました。
・小さなことで関係のないように思うことでも,つながっていると気づきました。
・自分が良いと思うことを押し通すだけでは,話し合いで合意につながらないと感じました。周りの意見も大切にしたいと思います。
・ゲームをしながら楽しくSDGsについて学べました。経済とか難しくて好きではなかったけれど,ゲームで学ぶと楽しく学べて良かったです。
・一見全く関係ないと思われることでも環境破壊や貧困につながっていると聞いて,ものを大切にすることからはじめて,地球を豊かにしようと思いました。
 

 

SSH 医療と福祉に関する研究 ラシーサカード普及啓発ビデオ

「ラシーサカード普及啓発ビデオ」に出演しました      11月14日

 SSH(高齢化社会における医療と福祉に関する研究)の一環として、阿南市役所介護ながいき課に協力し、「ラシーサカード普及啓発ビデオ」の撮影が本校で行われました。このビデオは徳島県作業療法士会が作成した介護予防のためのプログラムです。本校からは3名の生徒が出演しています。DVDとなって配布される予定です。
 
 
 

 

SSH 大正大学・富西 オンライン交流会②

  SSH 大正大学・富西 交流会②    10月29日

 地域活性化について学ぶ大正大学の学生10名とオンラインで2回目の交流会を行いました。テーマ別に4つのグループに分かれて、高校生と大学生で協力しテーマ毎に地域活性化策のアイデアを話し合いました。最後には、高校生が話し合った内容を模造紙にまとめ発表し、大学生に聞いてもらいました。

 

 

 

SSH 大正大学・富西 オンライン交流会①

SSH 大正大学・富西 交流会①    10月2日      

 地域活性化について学ぶ大正大学の学生10名とオンラインで交流会を行いました。大学生から各自の地域実習のテーマや研究内容について説明を受けた後、質疑応答を行いました。他県の取り組みなども紹介していただき、地域活性化について学びを深めました。次回は、テーマ別に分かれてグループワークを行う予定です。

 

 

SSH 医療機関との連携について

SSH 医療機関との連携
講座名:「認知症サポーター養成講座」                          7月31日
講師(キャラバンメイト):鶴羽 恵様,今川 聡士様,馬詰 晶恵様

 SSH(高齢化社会における医療と福祉に関する研究)の一環として,阿南市介護・ながいき課のご協力いただき,「認知症サポーター養成講座」を開催しました。今年は,1年次から3年次まで83名の生徒が参加しました。認知症についての理解を深め,「認知症サポーター」として私たちができることについて学びました。
 
 
 

 

ICT活用による理科授業実践

ICT活用による理科授業実践       7月16日

 本校SSHではICTの活用による効果的・効率的な学びをめざす研究を行っています。今回は、本校の下西先生による理科(化学)の研究授業が行われました。ライターのガスを水上置換で集め、その状態のデータをとり、気体の状態方程式に代入し、ガスの分子量を求めました。今回はICTの活用にあたり、画像を投影するだけで無く、①「学びポケット」に登録してある実験動画を生徒が見て実験方法や手順を確認する ②エクセルで作成した数式に数値を代入して計算を行う ③ライターのガスの種類や気体の分子量についてインターネットで検索をしてみる ④学びポケットのアンケートに実験の反省や感想を書き込むといった、新しい活用方法にもトライしました。
 
 
 
 
 
 
 


【SSH】第3回まちづくりワークショップに参加しました

 令和2年2月22日(土)、10:00~12:00まで阿南市役所にて「阿南駅周辺地区まちづくり第2回ワークショップ」が行われました。本校の1~3年生までの生徒11名と教員3名が参加しました。今回は今までのまとめとして、話し合いが行われました。来年度へと繋がっていく有意義な話し合いになったのではないかと思います。お世話になった方々ありがとうございました。