徳島県立富岡西高等学校 

〒774-0030 徳島県阿南市富岡町小山18-3
TEL(0884)22-0041 FAX(0884)23-4579

質実剛健
学校生活部活動進路高校入試理数科アクセス
 
トップページ > SSH 
Visits2011943
    (Since 5.27.2008)

 SSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)2019年文部科学省より指定
バナーをクリックしてください。「SS」「SA」のページに移動します。
国際交流(インターナショナル サイエンス スタディ)のページはこちら

富西が目指すSSHは・・・“人育成”。国際感覚を持った地域を支える人財を育てます!!
つながる”「地域」,「世界」,そして「未来」
 
 
SSH(スーパーサイエンスハイスクール)
12
2019/12/22

【SSH】SDGsカードゲームを体験しました

| by:Web管理者

 SDGsカードゲームを1年生が12月16日~18日の午後、2クラスずつに分かれて体験しました。昨今注目度を増しているSDGsとは、2015年9月に国連で採択され2030年までに達成する『持続可能な開発目標』のことです。今回のSDGsカードゲームとは、SDGsの17の目標を達成するために現在から2030年までの道のりを体験する体験プログラムであり、本校のOBでもある渡邉芳彦氏を講師として迎え、分かりやすく説明していただきました。生徒達は、与えられたお金と時間を使って、さまざまなプロジェクト活動を行うことで、最終的にそれぞれが持つゴール達成を目指していきました。生徒達はこの活動を通して、自分たちが高校生活の中で触れてきた以上に、世界には多くの問題を抱えていることに衝撃を受けたり、またこの学びを通して何かアクションを起こしたいと思った生徒も多かったようです。


  
  
  
  
  
  
  

〈生徒達の感想より〉

□最初は自分のゴールを達成することだけを考えて取り組んでいたのですが、後半になると全体のことを考えて取り組んでいて、自分でも面白いなと思いました。最終的な結果として、経済は豊潤で、環境社会が一部に課題ありだったのを見て、今の日本を表しているような気もしました。このカードゲームを通して、今世界で起こっていることがより身近に分かりやすくなったし、実際にSDGsの取り組みとして具体的にどのようなことを行っているのかが気になりました。

□2030年に社会の中心となって働いているのは私たち高校生だと思うので、SDGsがどのようなものなのか今のうちに知ることができてよかったです。

□前半は目標を達成することに精一杯で世界の現状などを全く気にしていなかった。後半に目標を達成すると、そこからまだ達成していないグループにお金や時間を援助したりした。現実の世界と同じで、目標を達成した先進国が発展途上国に援助をしたり、世界の状況を考えたりすることが大切だということが分かった。

□経済・環境・社会のパラメーターをバランスよくするためには、誰かが式をとらなければいけないと思った。15班が自班の利益のために他班と交渉をしたり、プロジェクトを進めパラメーターを増やしたり減らしたりしていて、現実の国と国との疑似体験をしているようだった。どの班も自班のゴールを目指し、バラバラに動いた結果、私たちの作った世界は問題を残した。本当に地球の未来のことを思うならば、バラバラに動くのではなく、国と国とが協力をし合い、今必要なことを進めていくべきだと思う。

□ゲームを通じてSDGsのことについて詳しく知れたと思います。講演を聴く前と後では知識量が格段に増えました。一見現在の世界のあらゆる問題についても私たちには大きすぎるように思われますが、私たち一人一人ができることを心がければ「持続可能な社会」の実現は可能ではないかと思いました。

 


06:08
2019/11/29

【SSH】まちづくりワークショップに参加しました

| by:Web管理者
 令和元年11月23日(土)阿南市役所にて「阿南駅周辺地区まちづくり第1回ワークショップ」が行われました。阿南市役所特定事業部まちづくり推進課の方からお話をいただき、本校の1・2年生の生徒会役員や有志の生徒5名がワークショップに参加させていただきました。議題としては、これまでの取り組みとまちづくりの課題やJR阿南駅周辺再整備基本計画案について、まちづくりの検討などを話し合いました。次回は、令和2年1月25日(土)に行われる予定です。

 
  
  

19:11
2019/11/22

【SSH】「高校生ミライ会議」に参加しました

| by:Web管理者
 令和元年11月16日(土)、阿南市内の高校生を対象とした「高校生ミライ会議」が阿南市役所で開催されました。今年で3年目となるこの会議は、阿南市のまちづくりの未来を担う人材育成を推進とする「あなん未来会議」と阿南市が主催し、阿南市と地域活性化の連携協定を結ぶ大正大学が企画運営されています。本校からは、1・2年生の5名が参加しました。今回のテーマは「高校生×企業=阿南のミライ」。高校生が地元企業の魅力に気づく仕掛けを考えるをテーマに、自分の将来を重ね合わせた話し合いが行われました。イラストレーターのfumoさんが会議の模様を即興で分かりやすくビジュアル化して描かれているのには驚きました。参加した生徒らは、他校生と楽しく将来を語り合ったり、ゲストスピーカーである、有限会社岸火工製造所の岸洋介氏、有限会社ウト・ウークの木元靖博氏、森田技研工業株式会社の勢井啓介氏の貴重なお話を聞いたりと、地元への郷土愛を感じながら自分の未来像を考える有意義な時間になったようです。

 
 
   
   
   
   
   
   
 
 
 
 

19:13
2019/11/15

【SSH】あなんまちマルシェに参加させていただきました

| by:Web管理者
 11月10日(日)あなんまちマルシェが阿南駅周辺で開催され、富岡西高校からも”TN焼きそば”と”タピオカミルクティ”を販売させていただきました。生徒会や家庭科部、有志など22名の生徒が参加しました。参加させていただくのは、昨年に続いて2回目でしたが、出店数も増えて、たくさんのお客様で賑わっていました。焼きそばは寒い中お待たせしてしまいましたが、用意していた300食は無事完売することができました。ありがとうございました。また、親子でJRプチツアーのお手伝いも本校生徒4名がさせていただきました。あななん一日駅長と一緒に阿南駅~羽ノ浦駅へと子供達と触れあいとても楽しかったようです。今回のテーマである、~あつまる・つながる・あたたまる~が体感できた素敵なマルシェだったと思います。生徒達も「来てよかった!楽しかった!また是非参加したい!!」と言っていました。
 阿南まちゼミの会、ママンマルシェ、JR阿南駅の皆さん、準備から後片付けまでいろいろとお世話になりました。あなんまちマルシェに来てくださった方々本当にありがとうございました。
  
 
  
  
  
  
  
  

19:34
2019/11/02

【SSH】大正大学とのワークショップ②

| by:Web管理者
   10月25日(金)の放課後に大正大学地域創生学部生とのワークショップ第2弾を行いました。本校からは生徒会、家庭科部、希望者など35名が参加しました。大正大学生は9月18日(水)に阿南入りしてから1ヶ月余り、活動報告会も兼ねて発表してくれました。阿南市のSWOT分析を踏まえての考察やSDGsへの取り組みに向けて何が必要かなど、分かりやすいプレゼンテーションに富西生たちは真剣に聴き入っていました。大正大学の皆さん、長期にわたる地域実習お疲れ様でした。阿南での体験や人々との交流を通じて、これから皆さんが地域に貢献できる地域人として活躍されることを心より願っています。

 
  
  
 

07:19
2019/10/23

創業フェスに参加させていただきました!

| by:Web管理者
 10月20日(日)、新町川水際公園で行われた徳島県信用保証協会主催の「創業フェス!!」に株式会社すだっち阿南さんからお誘いがあり、大正大学の学生さんと一緒に富西の家庭科部からも出店させていただきました。“富西焼きそば”として、フィッシュカツ入りの焼きそばを販売しました。大正大学考案の“タピオカすだっち”と“すだちレアチーズケーキ“は阿南の御菓子処である“もみじや”さんが製作されたもので、抜群に美味しかったです!!徳島市内で出店する機会を今回いただき、とても貴重な経験をすることができました。参加した生徒たちも「たくさんお客さんが来てくれてうれしかった」「また来たい!」と述べていました。ご来店いただいた方々、企画していただいたスタッフの方々、関わってくださった皆様に感謝申し上げます。
 来月には阿南の“まちマルシェ”で出店させていただく予定です。

  
   
   
   
   
   

07:24
2019/10/22

総合計画策定のためのワークショップ

| by:Web管理者
 10月5日(土)13:30~16:30・6日(日)10:00~15:30と2日間、総合計画策定のワークショップが阿南市役所にて大阪大学大学院の運営協力のもと行われました。富岡西高校からも希望者9名の生徒が参加させていただきました。ワークショップの内容として、「未来人」になって将来の夢からこれからの阿南市のまちづくりを考えていくというフューチャーデザインという手法を用いて、「阿南市総合計画」の策定作業のお手伝いをさせていただきました。一般の方々と一緒にこれからの阿南市について考えることができる、非常に貴重な体験をさせていただきました。
  
  
  
  

06:54
2019/10/21

ちょっと先の未来を考える講座

| by:Web管理者
 9月28日(土)阿南市役所において「ちょっと先の未来を考える講座」に本校の1~3年生の生徒20名が参加しました。この講座は阿南市と大阪大学大学院工学研究科の共同企画であり、現在の学びの先に触れ、自分自身や阿南を外から見つめて新しい自分を発見し、未来を考えるための特別な講座です。1限目は8月3日(土)に行われ、今回は2限目として、「課題解決思考」を使ってアイデアを生み出す方法を考えました。
  
  
  

16:05
12