徳島県立富岡西高等学校 

〒774-0030 徳島県阿南市富岡町小山18-3
TEL(0884)22-0041 FAX(0884)23-4579

質実剛健
学校生活部活動進路高校入試理数科アクセス
 
トップページ > 学校生活 

学校生活

学校生活 >> 記事詳細

2017/10/06

進路講演会2年次生(屋木先生)

| by:Web管理者
10月6日(金)5・6限目、近畿大学入試センターの屋木清孝氏を講師に迎え、2年次生を対象に進路講演会を行いました。講演会で全国を飛び回っている超人気講師の屋木先生が、今年も富西に来ていただけたことを大変嬉しく思います。屋木先生のユーモア溢れるテンポのよいお話は、あっという間に時間が過ぎていきました。心揺さぶられるエピソードもたくさん紹介していただき、生徒たちの士気も高まったことと思います。屋木先生、来年もぜひお越しください。有難うございました。

 
  
  
■とても勉強しないといけないな、という気持ちが強くなりました。模試で行きたい大学がE判定で結構落ち込みましたが、E判定は勲章だということを聞いてまだ第一志望は変えずにがんばろうという気になれました。
■今日の講演は、今まで受けてきた講演の中でも、一番楽しくて一瞬で1時間半が過ぎていきました。(中略)難しい問題とか、解いたことのないような問題は周りも解けていないから大丈夫とおっしゃっていて、今までの大学受験に対する考え方が全部ひっくり返されたような気持ちになったし、難しく考えすぎないでとりあえず今教えてもらっている内容や単語、公式をしっかり覚えることが一番の近道だなと思いました。槇原さんの話や数学者の方の話、震災の時の女の子の話など、今の自分と変わらない年齢の頃だったと思うと、私ももっと頑張ろうと思いました。
■今まで聴いた講演の中で一番良かったし、何より為になりました。「ゴールから考える」この言葉がとても心に残りました。私はまだゴールすら見つけていませんが、人の役に立つことをしたいのは違いないので、自分が今できる最大のことを一生懸命し、誰かの役に立って感謝される人間になりたいです。
■今日の講演で印象に残っていることは、阪神淡路大震災の被害に遭った女の子が京大に受かったというお話です。勉強道具も何もなくてまず勉強をするという状況じゃないのに努力して合格したというのを聞いたときには鳥肌が立ちました。もし自分がその立場なら勉強どころではないと思います。今の自分は環境も整っていて、正直勉強をするのに何一つ不自由なことはありません。それでもあまり勉強しようとしないことを恥ずかしく思いました。今日の講演で将来思うように生活したいと思ったのでこれをきっかけに今からでも頑張りたいです。



18:20

COUNTER245942
(since 5.25.2011)