徳島県立富岡西高等学校 

〒774-0030 徳島県阿南市富岡町小山18-3
TEL(0884)22-0041 FAX(0884)23-4579

質実剛健
学校生活部活動進路高校入試理数科アクセス
 
トップページ > 学校生活 

学校生活

学校生活
12345
2017/05/24new

県総体の壮行式が行われました

| by:Web管理者
成29年5月19日(金)に体育館にて県総体の壮行式が行われました。生徒会による“応援ムービー”、各部の挨拶、学校長や生徒代表による激励がありました。どの部も気合の入った決意表明で、総体での活躍が楽しみです。最後は、毎年恒例の円陣を組んで、皆で士気を高めました。5月末から6月上旬にかけて、各会場で熱戦が繰り広げられることでしょう。これまでの練習の成果を発揮し、最高の結果が出せるよう期待しています。

H29県総体各部試合日程表.pdf
    
    
    
  
  
  
  
  
  

09:24
2017/05/24new

生徒会役員選挙が行われました

| by:Web管理者
5月18日(木)の午後、表彰伝達式と生徒会役員を選出する立会演説会および選挙が行われました。体育館に集まり、立候補者および応援者の演説に耳を傾けました。その後、教室にて投票が行われました。新役員たちが中心となり、学校を今まで以上に盛り上げてくれることを期待しています。
  
  
  
  
  

09:03
2017/05/17

高校生と県議会議員との意見交換会

| by:Web管理者

 平成29年5月10日(水)の放課後,百周年記念館大会議室で,3名の県議会議員の方と,本校の3年次生15名とで,意見交換会が行われました。公職選挙法が改正になり,選挙権年齢の引き下げに伴い,高校生の県議会や議員活動等への関心を高めることを目的に,県議会の広報活動の一環として開かれました。

 本校の生徒会の進行で,自己紹介,県議会の活動紹介,本校の活動発表の後,県議会や議員活動,地方自治などに関して意見交換をしました。
 生徒たちからは,
  防災に関して,東南海地震への対策,仮設住宅の設置場所
         オリンピックに向けて交通網整備状況
  地域に関して,子供の貧困,人口減による労働力の低下,
         徳島の魅力,移住支援制度,学力低下など
  18歳選挙権に関して,候補者選びの仕方,昨年の参議院選挙の影響
         自分たち高校生にできること

  など,多くの意見がでました。

 議員の方からは,それらの質問に対して丁寧に詳しくご説明いただき,学校の防災クラブなどを通して,自分たちのできることを積極的にしていくこと,県外の大学に進学しても,徳島に帰ってきてがんばること
  若い人たちの投票が給付型奨学金の創設につながっていること
  もっと若い人たちの意見や思いを議会や議員にぶつけてほしいこと

  などのお話をいただきました。

 1時間の意見交換会でしたが,活発な意見交換がなされ,とても有意義な時間となりました。政治や議会を身近に感じることができ,自分たちから徳島をよくできることを知るきっかけにもなりました。生徒たちもよい刺激を受けたと思います。

 
 



09:40
2017/05/16

PTA総会並びに授業参観が行われました

| by:Web管理者
5月14日(日)、PTA総会並びに授業参観が行われました。約400名と大変多くの保護者の皆様にご参加いただきましたこと、教職員一同厚くお礼申し上げます。午前中に行われた授業参観では、日頃の生徒の様子や本校の教育活動をご覧いただきました。その後のPTA総会では、平成28年度の報告や平成29年度役員改選、事業計画案・予算案などについて審議され、原案どおり承認されました。午後は各HRで懇談会が行われました。本年度も本校のPTA活動へのご理解とご協力をよろしくお願い致します。

  
  
  
  

10:11
2017/05/09

進路別集会が行われました(3年次)

| by:Web管理者
5月2日(火)5・6時限目、3年次は進路別集会が行われました。大学・短大・医療系専門学校進学者には河合塾の森脇雄一先生、専門学校・公務員・就職希望者には進路アドバイザーの小川久人先生、昭栄の芦田淳先生、健祥会グループの田村栄司先生をお迎えしました。これから本格的な受験モードになっていきます。この集会により大いに刺激を受け、希望進路達成に向けて意欲的に学習に取り組んでいってほしいと思います。
   
   
   
   
〈生徒の感想より〉
■受験で一番大切なのは夏休みだと思っていて、部活が終わってから切り替えればいいと思っていたけど、それでは遅くて今が一番大切で夏に何を勉強するかを見つけるための大切な時期だと知りました。部活をおろそかにせず、今こそ両立をしっかりしようと思いました。特に印象に残っているのは、志望校を下げると逆に倍率が上がってしまうということです。かといって難関をただ目指していいというわけではないので、その分しっかり勉強して、学力を身につけていかないといけないと思いました。私は少し、難関やブロック大は自分には無理だとか、行けそうな大学にしとことか考えていることがあったので、行けそうではなく行きたいと思える大学に行けるように、しっかり勉強したいと思いました。たくさん問題集を買ってバリバリやっている子が近くにいて、あせりを感じたりしていたけど、無理に問題集を買う必要はないのだと思いました。まず、当たり前のことを当たり前にできるように一つ一つ頑張りたいと思いました。あと間違えた単語だけを集めたMy単語帳はいいとおっしゃっていましたが、私もしているので少しうれしかったです。いい経験になりました。
■私の行きたい学部は、県立大学で県外の人はわくも非常に少ないので不安が多いし、後期試験になると半分の定員しかとってくれないのですが、森脇先生がおっしゃた「倍率にだまされずに、しっかりと最後まで頑張れ」という言葉に勇気づけられました。どんな困難なところでも、一つ一つ苦手をつぶしていって夢の希望の大学に行けるようにそれなりの学力を身につけられるようにしていきます。学部や学科を変えることができるだけないように今の目標で頑張ります。絶対志望校に受かります!!
■受験勉強のために、集中して学習をする習慣を身につけなければいけないと思いました。英語もして数学もして・・・と短時間に何教科も詰め込みすぎて、自分の身にならないことが多くあったので、「90分間数学をする」など先生がおっしゃっていたようにして、90分間学習にも慣れていきたいと思います。そして何気なく勉強していたことがあるので、きちんと目標を決めて何事も取り組んでいきたいです。また模試を有効に使うことは本当に大切だと思いました。模試を無駄にしない、復習を心がけたいです。絶対に志望校を諦めません。そのために、それにあう勉強を頑張ってします!
■部活を言い訳にしてきた分、人より遅れてしまってはいるけれど、センター試験までの残りの日々を少しずつでも自分のできることをして、自信と力をつけられるよう努力します。私はよく深夜型の勉強方法をしがちなので、12時までには寝るようにしようと思いました。私が今回の講演で一番驚いたのは東大の漢字問題です。東大と聞くと、自分にはとても・・・と思っていましたが、日本のトップの大学の問題に私でも解けるものがあるのだとうれしかったです。本当にありがたい、自分のためになった講演でした。
14:32
12345

COUNTER212491
(since 5.25.2011)